年間通してのアルバイトと短期のアルバイトをしていました。

私は大学生に入った時に、レンタルビデオ屋と家電量販店でアルバイトをしたことがあります。

レンタルビデオ屋は3ヶ月程度で、辞めてしまいましたが、家電量販店のアルバイトは就職するギリギリまで働いていました。

家電量販店でのアルバイトと言っても実際に商品説明をして、お客様に物を買ってもらうようないわゆる販売アルバイトではなく、店内、店外清掃・商品補充・商品ポップの入れ替え、棚卸し管理などいわゆる雑用肉体労働系のアルバイトでした。

私はお金の計算が苦手だったのでレジはさすがにやめさせてもらいました。

アルバイトを始めたきっかけは大学生になった時にお小遣い制度が家の方針でなくなったことが一番のきっかけになりました。高校生まではお小遣い制度があり、もらえてましたが、大学生にもなると制度変更で家からはもらえなくなり、『今後はアルバイトをして、自分でお金の管理しなさい』と言われて、しぶしぶアルバイト求人誌をあさった思い出があります。大学生にもなると彼女もでき遊びに行くお金や生活費のためのお金、ゼミでの飲み会代が必要でしたので、家→アルバイト先→学校→アルバイト先→家みたいな生活もやっていたことがあります。

短期のバイトの募集があるとそれにも飛びついて働いていましたね。私がしたのはお歳暮のアルバイトでした。※お歳暮アルバイト

大学一年の時からしていたので四年間で四回しました。最初のうちは慣れなくて大変だったのですが、数日もすると慣れてきて意外と楽しく働くことができたんですよね。しかも、毎年応募していると覚えてくれていて採用もしてくれていたので助かりましたよ!!

アルバイトをしていた理由のもう一つは『携帯代を維持する』と言うこともきっかけだったと思います。これが今の携帯代金みたいに定額制とかそういうのがなくって使えば使った分だけお金がかかると言う料金形態だったもので、必死にお金を稼いでいた記憶があります。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>