妻の好きな所:男気に溢れているところ

昨日からものもらいにやられて目が痛い~!!嫁さんに訴えてもほっとけば治るよ!!って見捨てられました(笑)

嫁さんのどこが好きかって、それは何よりも「男らしいところ」ですね。

いや。別に冗談で言っているワケではありません。
「男気(おとこぎ)」なんて言葉がありますが、これは、男性に限った話では無いのでは?と、真剣に思います。

無論、出会った頃から「男らしくて素敵」なんて思っていたワケではありません。
ある出来事をきっかけに、心からそう思う様になったのです。
妊娠、出産は、母体にとっても大変な事で、特に陣痛や、出産時の激痛は物凄いと聞きます。
どれ程の痛みかと言うと、

同程度の痛みを男性に与えたら、ショックで死ぬ

くらいだと聞いた事があります。
(まぁ、お産の重い/軽いには個人差がありますので、一概には言えません。)

いずれにせよ、自分の奥さんが出産時に「どの程度の苦しみを味わったのか」なんて、男性には理解できない話なワケです。

嫁さんが、3人目の子供を出産した時の話です。
産婦人科から「生まれそうです」という連絡を受け、自分は近所の病院へ向かいました。
既に3人目ともなれば、なかなか生まれないものだと言う事は判っています。
私は軽い気分で待合室に向い、しばらくは缶コーヒーなどを飲んで待っていました。

しかし、いくら待っても、「生まれた」という連絡は来ません。
だったら病室へ行って様子でも見てくるかな、と廊下まで行った時、嫁さんの部屋のドアが開きました。

出てきたのは嫁さんでした。
助産婦さんに付き添われて、ヨロヨロと歩いています。
分娩室へ移動しようとしている様子でしたが、ほとんど立っているのがやっとです。
助産婦さんが、脇から抱える様にして支えていますが、それでも時々、膝が落ちそうになります。
足は、一歩、二歩とは出ず、足の裏で床をこする様に、ちょっとづつ、ズルズルと前に出るだけです。

私も、今まで何度も具合を悪くした事はありますが、ここまでの状態になった事はありません。
そして、その状態で、それ以上の苦痛が待つ状況へ、自分の足で歩いて行った事もありません。

呆然としました。
廊下に立ったまま、動けなくなりました。

そして、そんな私に助産婦さんが気づき、嫁さんに何か言うのが見えました。

嫁さんは、こちらを向き、にっこり笑って私にVサインを見せました。

どれほどの苦痛に耐えて出産していたのか、バカな私が初めて気づいた瞬間でした。
そして、私達には4人も子供が居ます。

時々、私が嫁さんの事を「兄貴!」と呼んだり、

兄貴に一生、着いて行かせて頂きます!

と言ったりするのを、嫁さんは冗談だと思っているでしょう。
しかし、これはほぼ本気で言っている事です。

妻が出産時に見せた男気

って、まるで冗談の様な話ですが、自分にとっては忘れられない真実です。

「男気溢れる妻」と結婚できて、私は幸せだと思っています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

年間通してのアルバイトと短期のアルバイトをしていました。

私は大学生に入った時に、レンタルビデオ屋と家電量販店でアルバイトをしたことがあります。

レンタルビデオ屋は3ヶ月程度で、辞めてしまいましたが、家電量販店のアルバイトは就職するギリギリまで働いていました。

家電量販店でのアルバイトと言っても実際に商品説明をして、お客様に物を買ってもらうようないわゆる販売アルバイトではなく、店内、店外清掃・商品補充・商品ポップの入れ替え、棚卸し管理などいわゆる雑用肉体労働系のアルバイトでした。

私はお金の計算が苦手だったのでレジはさすがにやめさせてもらいました。

アルバイトを始めたきっかけは大学生になった時にお小遣い制度が家の方針でなくなったことが一番のきっかけになりました。高校生まではお小遣い制度があり、もらえてましたが、大学生にもなると制度変更で家からはもらえなくなり、『今後はアルバイトをして、自分でお金の管理しなさい』と言われて、しぶしぶアルバイト求人誌をあさった思い出があります。大学生にもなると彼女もでき遊びに行くお金や生活費のためのお金、ゼミでの飲み会代が必要でしたので、家→アルバイト先→学校→アルバイト先→家みたいな生活もやっていたことがあります。

短期のバイトの募集があるとそれにも飛びついて働いていましたね。私がしたのはお歳暮のアルバイトでした。※お歳暮アルバイト

大学一年の時からしていたので四年間で四回しました。最初のうちは慣れなくて大変だったのですが、数日もすると慣れてきて意外と楽しく働くことができたんですよね。しかも、毎年応募していると覚えてくれていて採用もしてくれていたので助かりましたよ!!

アルバイトをしていた理由のもう一つは『携帯代を維持する』と言うこともきっかけだったと思います。これが今の携帯代金みたいに定額制とかそういうのがなくって使えば使った分だけお金がかかると言う料金形態だったもので、必死にお金を稼いでいた記憶があります。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

夏は電気代などが高くなる

私は高校で簿記の資格を取って、高校卒業後は大手の印刷関連の会社の本社の経理の仕事につきました。
その部署は、会社の研修中に配属されたくないワースト1の部署でした。

そのワースト1の部署に配属になったときは、かなりショックでした。
その部署だけフロアでぴりぴりした空気があったからです。

その部署に勤務して夏になると残業をしていると、エアコンが切れてしまって暑い中、残業をしていたのを思いだします。夏になるとそのことを思いだします。

そんな暑い思いまでして、残業をしていたなんて今では信じられないです。
でもきっと変わっていないような気がしないでもないです。

私はその会社を半年で辞めようかと思ったほどです。残業が多いので、父子家庭の私の家の夕飯は私が用意していましたので、疲れきってしまっていたのでした。

家には風呂がなかったので夏に残業して帰宅してお風呂が23時でしまってしまうのでそれに間に合わずお風呂に入れなかったときは、最悪でした。

汗もかき、汗臭いのにお風呂に入れない。。。本当にきつかったですね。弟には、「臭い」って言われるし(*_*)女じゃないですね。

もしかして加齢臭(女性の加齢臭)?って言われた時は辛かったですね。

でも結婚してから、旦那の親との2世帯住宅で住んでいますが、夏になるとお風呂のシャワーを使うことも多くなり、それにエアコンも4台ありますので、電気代が夏は高くなります。

夏は兎に角公共料金がぐっと上がってしまうので困っています。
旦那の給料は上がらないのに、電気料金と水道料金が高くなるので悩んでいます。

それに手に汗をかきやすいので、電車のつり革につかまるのが嫌で悩みます。
結構神経質かもです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

水分摂取の方法について

わたしは健康のために、水分摂取に気をつけながら日常生活を過ごしています。

まずは水分の摂取をこまめに行なっています。喉の乾きは咽喉部において、免疫力を低下させ、ウイルス感染の可能性を大きくする要因となります。

そのため、水分の摂取をこまめに行ない喉の乾きを防ぎ、インフルエンザや風邪などに感染するリスクを少なくすることを目的としています。

もうひとつは起床後・就寝前の水分摂取です。起床後・就寝前ともに、睡眠中に失う水分の補給が目的です。水分不足は健康に大敵となります。

私が住んでいる北海道では、他府県と比較して脳卒中などの発症率が高いという統計がでています。これは北海道の気温が他府県と比べ低いため、血管の収縮反応が強く起こるせいだと言われていますが、水分不足も大きく関わりがあると言われています。

ヒトの体の7割が水分と言われています。わたしは健康のために、水分の摂取方法について特に気を付けながら日常を過ごしています。

そして身体を冷やさないようにすることも大事にしています。冬はもちろん、夏場でもクーラーなどで冷えやすいので気をつけています。

身体を冷やすと途端に調子が悪くなるのでかなり気をつけています。

具体的にはまず、冷たいものを飲んだり食べたりしないことです。冷たいものを摂取すれば当然冷えます。飲み物では冷たいものは全く飲みません。食べ物でも出来る限りは常温よりも高い温度にしています。

そして服装です。オシャレのために少しくらいは肌を出したいところですが、健康が第一です。私は特にノドが弱いので首元を温めるように意識しています。その他腹巻きやレギンスなども活用しています。

寝る時やその他家で何かをする時にも、冷えるようであれば湯たんぽも使っています。

このように、身体の健康に気を付けながら日々過ごすようにしています。

でも、これだけ気を付けていながらも、今はものもらいに苦しめられてますが(´・ω・`)

目が痛い!!まさかものもらいになるとは・・・。(※http://www.varnadostoremuseum.org/

いくら気を付けたところで、どうしようもできない物はありますよね。。。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

結婚を考える年齢

私は今年30歳になる独身女性です。

今までは結婚なんて考えた事もなかったんですが、やはり30歳になるとちょっと考えてしまいますよね。

両親も、そろそろ結婚は・・・って言ってきますし。

でも相手もいないし、、、(*_*)

なんか私は結婚なんて向いてないような気がします。この先一生独身なような気もしてきました。

出来るのかなぁ・・・。

カテゴリー: 未分類 | コメントする